なんで映画っておもしろいんですか?

日によって映画の感想が変わる不安定ブログです。なんとなく押してください。※ネタバレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マディソン郡の橋

madhi.jpg


私は、この映画をみて、まだ迷っていた気持ちの中のわだかまりがなくなりました。
そういうことだったんだ、と自分の中で納得ができました。
映画というのは、見る人によって、納得できる部分があるのだと思います。
そして、イーストウッドの、彼の人間性を感じることができました。
物事には、よいもわるいもなく、ただ、そのものごとがあるというだけです。
そこに、人の価値観がつくだけのことなんでしょう。

私は、最近、不自然になっていたように思います、、、
自分一人で気張っていたように思います。
そう思えたのも、この映画をみたからです。

本当は、人は苦しむことはないのだと、、
でも苦しさがあるから、美しさがある。
矛盾しているんですが、生きるということは矛盾があるのだと思います。

今、自分がするべきことを受け入れて、できることをやっていこうと思います。

最近、忘れていたことを考えなおせました。


  1. 2007/01/22(月) 00:01:06|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

さてさて、なんの映画の感想をかこうかとおもいまして、
スレッドテーマを探していたらジョニー・デップの名前があったので、おっ、と思いまして、書きます。書きます。

20061212221035.jpg


文字の色も眼鏡の色にあわせちゃったりとかして。ぷふ
チャーリーとチョコレート工場の感想も、またのち書きます。

ジョニー・デップのかっこよさを再確認した映画でしたね、、、
海賊コスプレが似合う人ってなかなかいないよ、いるか。
やっぱ、インディアンの血が入ってるからですかね??
さすがロンゲが似合うだけあるわぁー

ちなみに、ジョニーデップが好きな、インディアンテイストが好きな人は、
ジェヴォーダンの獣
↑↑こちらの映画感想をクリック

もみてみるとよいでしょう。結構、迫力があって楽しめます。見終わった後はコユイ感じの映画なので少々ぐったりしますが。なかなか面白いです。

映画の内容はと・・・
…みなさんみてるんじゃありません?
ディズニー映画ですよね、確か。結構お約束な展開ですよ。。
海賊がいて、さえない鍛冶屋がいて(実は強くて、父親が海賊だったー!みたいな)←ここネタバレ お姫様がいて、最後は悪いやつを倒して、と…。
ジャック・スパロウ(ジョニー)は逃げてと、。

でも、ディズニーなだけあって、サービス精神はとてもよいので最後まで楽しめました。そしてデップがでるというところが得点高いっ。イェイ
パイレーツシリーズは3作目までもう、つくっているんですよね??
キーラ・ナイトレイ(お姫様役)は3作目はでていないんでしたっけ。
オーランド・ブルーム(鍛冶屋、)とジョニーは「キーラは変わったよ。いい子だったのに、、」という話をネットでみたんですが、どうなんでしょうか。
キーラは、もっと他の映画の分野に出たいとも何かで読みました。

キーラは綺麗ですよね。確か私と同じ歳、、、あわわ
胸の小ささは同じですが、、、はわっ。
でも、キーラはそれがいい。あの美貌うらやましす。

今日はくだらないこと書いてしまいました。
いつもくだらないけんども。
またのお越しをお待ちしています


banner.png

↑貴方のクリックが私の幸せを呼ぶ☆




  1. 2006/12/12(火) 22:36:52|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

○映画感想まとめリスト○

リンクのところに映画感想まとめがあるんですが、
わかりにくいので、ここから飛べるように張っておきます。

◎映画感想まとめリスト◎

↑↑ジャンプして題名を探そお!




結局、GYAOで松田優作の映画をみれず・・ってか期限切れ。
見ろよ自分、、、しかも野獣死すべし、途中までみてやめてたしっ。
今度優作さん、まとめてかりてまうわ。
あの演技はやばかった。。。

自分も優作いいとおもうよ!
と言う方はプッシュ。↓
banner.png
  1. 2006/12/11(月) 21:04:56|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベニスに死す

この間BSでやっていたのをみましたよ~~。

やばく綺麗でした、、、。ビョルンアンドレセン。
0003.jpg


ルキノ・ヴィスコンティはやばく映像を撮るのに
凝ったらしく、さすがさすが場面場面がピッと決まってました。
それはまるで絵のようなバランス。

私は絵を描いているので、ちょっと拝借して絵を描いてしまいました。
風景のね。ビョルンは描いてないけど。
あんな綺麗な顔の人いたら、、、。いいねぇ。
今は小泉前首相みたいなしわくちゃ馬顔みたいになってますが、、、

内容もまたこれがいいんですよ。。好き嫌い分かれそうだけど、
私は結構好きな口でした。確かに、間は長いし、いらいらする、、、。

音楽や芸術が、努力あってのものだと言い張る音楽家・主人公と、
努力ではどうにもならない、天性のものであったり、
奈落の底に突き落とされてから見えるものだといいはる友人の音楽家の話をする場面があって、
おぉ、結構おもしろいこといってんな・・・とか思って、
アカデミックな考え方と、それの対局する考え方、、、
これって、なんの世界でもあるんじゃないかとか思って。

結局、主人公は、自分の言っていることには限界があるのでは、、と感じていたんじゃないかと。

美少年に引き寄せられる、どうしようもない自分の気持ちがあったわけで、、、
そのどうしようもない気持ちってのは、努力でどうこうしようとも、
自分では押さえられないわけで。
押さえた所でなにがうまれるかっていう。

なんか、なにいってるかわからないんだけど、
わたしなりに、納得したところがあったわけです。

芸術とは残酷なもので・・・・。


しかし、タジオ少年は美しかったって。
面長はいいですねぇ。
写真栄えしますしね。
面長は写真栄えするんですよ。
私は体はガリクソンですが、顔は丸顔という、、、
うらやましい限りです。

banner.png




  1. 2006/12/10(日) 17:36:50|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

もしも昨日が選べたら

泣きました。
胸からぐぐっとこみあげてきました。

話の内容は、ある子供が2人いる家族がいて、父親は建築士。毎日、仕事に追われている。出世をすることが家族を幸せにすることだとおもっている父親。ある日、家の中の操作が全部できるリモコンを店に買いに行くが、変な男から変なリモコンを手に入れる。そのリモコンは現実の世界を、早める事ができるのだった、、、。

最初はあーはずした…ってありきたりなホームドラマか…って思った。
アメリカ映画にありがちなね。

後半にかけて、話をすごく練っているのもわかってきたし、
脚本もしっかりしているんだなぁ、って思った。
思わず袖をぐしょぐしょにしてしまいました。えーん。

こんなんで泣くはずないと思ってたのに。
この映画見終わったら、なにもかもが素晴らしく見える。

あらためて、「今、自分にかけがえのないものを大切にすることが、一番」と思いましたね。
この気持ちが、人にとって一番大切なものじゃないかと。
人には人が必要だということ。

改めて感じました。本当にありがとう。

自分を本当の意味で素直に生きていくということ。
そんな当たり前のことを、社会の中でいきていくと忘れてしまうんじゃないかな。


社会の中じゃなくても、それは家族の中でもね。


この映画をみて、ハッとした人は気付いた所から変えていくと毎日が楽しくなるかもね。

banner.png
  1. 2006/12/02(土) 21:52:00|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

M

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。