なんで映画っておもしろいんですか?

日によって映画の感想が変わる不安定ブログです。なんとなく押してください。※ネタバレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インテリア

interiors.jpg

ええっと…
ウディ・アレン監督作品の映画ということで、
私はこの人の映画をみたことがないっし、
名前が有名なだけでなんともいえないけどもお。

これ、絶対誰も借りてなかったな、たぶんわたしが
レンタル屋で初めて借りたと思われる。

みんなこんな暗そうな映画に興味ないっしょお

↓ネタばれ
家族にも完璧さを求める母親が、夫との離婚、夫が別の女の人と再婚という話のはて、
最後には絶望のうえで死んでいきます。

暗い!!!!あんた。暗い。

結局母親にとっては家族もインテリアの一部のように、
完璧であってほしい、いつもいらいら・落ち着かない人生であったわけです。

親と子の関係という切っても切れない関係から
愛しながらもお互い憎しみあう。
まさに素直になれない 知的さを振り回し、
でも本当は寂しい。なんでわたすを認めてくれないの、
なんで、わからないの、、、あーーだのこだの・・・

るせえ!!!!!

いっそのこと縁切ってしまえ。
だからあ、面白くないところにはいたくないです。でしょ。

暗いよお暗い。だぶるよお。
人はなぜ相手に期待し、求めるのか。

それは、いつしか人に錯覚させ、
なくてはならない存在になり、
情だとか愛だとか、思い込み?となるのでは。
ほとんどはね、思い込みですよ。

相手に見返りを求めないことが思いやりと言われるだけで、
愛とはなんぞや?

なんて冷たいの、、、と思ったあなた。
冷たいとか、そういう問題ではないのだと思います。

支離滅裂な感想になってしまったお。。

感想面白くないしもーーー、やめやめ。
こんな映画は一人で見て勝手に自分で納得しとこ。

こういう人の気持ちの部分を出した映画って、ないよね、
最後は愛だのあーだの、終わらせる映画よりよっぽどリアルで
見た後はう~~ん 

まあ娯楽ではないよね!!!!
でも好きよ!!!



なんだなんだと思った人も
↓一応押していってもいいとおもいます

banner.png


スポンサーサイト
  1. 2008/01/20(日) 13:25:12|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

M

12 | 2008/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。