なんで映画っておもしろいんですか?

日によって映画の感想が変わる不安定ブログです。なんとなく押してください。※ネタバレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ミリオンダラーベイビー

腐ってもイーストウッド。
mdb.jpg

鼻水流してもイーストウッドの渋さは変わらず。

計算された笑いを誘う言葉のやりとり。
2人の関係が深まるにつれてキュウっとくる。
パンチパンチ、ドゴォドゴォドゥゴォ。ハイヤー!!
かっこいいのなんの。
音が迫力あるのなんのって。

映画って音が重要なのがわかりました。

…で?。

題材はおもしろいね、けどね、ハリウッドの話の
こういうアカデミー賞特有の黄金比率っていうかね、
話はこうきて山はこうきて。オチはこうしとけばいいってか。

ひきこまれて見るわけね 
バグパイプの場面で盛り上がりは最高潮ね。ホゥッ!!YEAR!!
もう鳥肌がブルブルたつわけさ。
ひきつけるわけさ。
涙も盛り上がって画面がみえづらくなるわけさ。

これ以上の盛り上がるドラマ性はあまりないってわけさ。

なだけに、「映画」だけを見せつけられているようで悲しい。
この投げやりな結末なだけに悲しい。

マギーの家族もちょっとつくりすぎ感もあったし
強調しすぎてるところになえる。イライラさせるのがみえみえ。

音と、演技とセリフと、話のドラマ性と。
これだけそろってればアカデミー賞もとれるのね。

外見だけを完璧に着飾ったものに。
賞がとれても感動できてもシンから動くものがなければ
伝えるものも薄くなるわけで。
私が馬鹿なだけですかね…
イーストウッドの作品て結末のほうが
「なんでそーなるのよっ!?」ってのが多くないか?
そこがいいのかな

イーストウッドの鼻水は好きだね。

banner.png

↑「鼻水よりも涙のくる感想を」求めてプッシュ!
スポンサーサイト
  1. 2005/06/11(土) 21:59:03|
  2. 映画|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

M

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。